アレクサで家電を操作できる環境を作る

アレクサを購入(Amazon echo)

まず最初に必要ですので、Amazon echoを購入しないといけません。echoにはさまざまな種類がありますので自分に合ったものを選びます。おそらく「大きさ」「音質」「値段」のバランスを考えると「Echo Dot」が一番無難だと考えられます。

echoの選び方

・音声コマンドだけのやり取りなら「Echo Flex」
・音楽を聴くなら「Echo Dot」
・音楽を高音質で聴くなら「Echo」
・音楽を重低音も聞かせて5つのスピーカーで聴くなら「Echo Studio」

音楽を聴かずアレクサと会話するためであれば下側の「Echo Flex」もお勧めです。Echo Flexは2台目としてオプションのモーションセンサーを付けて使う方が多いようです。

スマートリモコンを購入

スマートリモコンは数ありますが、できるだけセンサーの多いものがお勧めです。スマートリモコンは「アレクサのスキル連携」「アプリの使いやすさ」「センサーの多さ」「値段」が選択基準になるかと思います。中でもおそらくNature Remoが一番有名です。miniと通常版があります

  mini 通常版
GPS連携
曜日・時間
温度センサー
湿度センサー  
照度センサー  
人感センサー  

という違いがありますので、自動化の幅が広いのは通常版です。特に人感センサーはアイデア次第でいろいろできそうです。

もう一つはラトックシステムの製品です。「RS-WFIREX4」従来品に比べて小さくなりました。

大体どのリモコンを買ってもアプリはなぜか似たようなものです。両方とも良いのですが筆者は値段を優先したため+Styleの商品を買いました。4,980円で買えます表示は6,480円ですが1,500円引きクーポンを適用することで4,980円です。

使ったところセンサーも「温度」「湿度」「照度」「時間」は使えます。GPSはうまく機能しませんでした。ただ、アプリのつくりもほかのものとほぼ同じです。+StyleはほかにもいろいろなIoT製品を出しており後々連携がしやすそうだったからです。特に掃除機などはルンバは高くても+Styleは評判も良いですので、穴場の製品だと思っています。

アレクサからスマートリモコンを操作(スマートハウス化)

アレクサのセットアップ

1.Amazonアカウントでスマホのalexaアプリにログイン
2.wifiに接続

リモコンのセットアップ

1.説明書に従いwifiに接続
2.家電の登録
3.シーンの作成(電源on→チャンネル変更→ボリューム変更等連続した操作)

アレクサにリモコンの登録

1.アレクサから「デバイスを追加」でスマート家電やシーンを追加

スマート家電の導入結果

実際にやってみた結果以下のような気づきがありました

・音声操作でリモコンを探したり取る手間(時間)が節約できる
・センサーでの自動化で子供が楽しくプログラミングの論理思考を覚える
・室外からのリモコン操作で利便性が向上(エアコンonなど)

近未来感を味わうこととなりますが、それよりも時間の接続や子供の学習になるなど意外な良さがありました。ぜひおすすめします。

便利なスマート家電

最後に利便性を上げるためのスマート家電を紹介しますまずはロボット掃除機ですがクーポンを適用することで2万円台で購入可能で評判のかなり良い+Styleの「G300」です。

スマートコンセントもTP-LINKが一番スマートスピーカーと連携素晴らしく実績もあります。サーキュレータやスタンドライトの電源のon/offが音声でも屋外からでも可能です。また電源のon/offのステータスが分かるので便利ものの一つかと思います。

このようにどんどんスマート家電で便利なものがあります。追加することでより利便性が向上します。

まとめ

これからはスマート家電化が進むので、家電そのものがwifi接続できてスマートスピーカとの連携が当然になりIFTTTという家電操作のサービスと連携が普通になってきます。紹介したような赤外線のリモコンもいずれは不要になりすべての家電がIFTTT経由で操作可能になりより柔軟な操作ができるようになります。

アイデア次第で自動化などで利便性が増すのでペット飼育でも役立ちます。特にエアコンはプログラムしたほうが24hつけっぱなしより安くなったという情報も見かけます。

「ITはよくわからない、難しいのでは?」など心配するかもしれませんが、意外と簡単で誰でもできます。